[HANDMADE] KIYOKAWAの職人たちは、鞄づくりに対しどのような信念を抱き、どのようなこだわりをもって制作に励んでいるのか。手作業にこだわるKIYOKAWAバッグの、手作業にこだわる理由、手作業であることで何が変わるのかについてご紹介致します。

よいバッグとは、自らが手を動かすことで見えてきます。

清川商店のバッグ製作は、自社の職人たちが素材の選定から製作までを一貫して行っています。それは、実際に作ることで、使う人に何が必要かが見えてくると信じているからです。

職人たちが最初から最後までを実際に手がけることは、
大量生産や分業では実現できないクオリティの維持には欠かせません。

一点一点、使う人の生活に密着したものをイメージしながら工夫を凝らします。製品の全てに責任を持つことにこだわり、気持ちの入ったバッグ作りを。

それが清川商店の手仕事なのです。

CONCEPTに戻る
清川商店の手仕事
handmade
handmade
handmade
handmade